読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普段着の文章

ただいま、コンビニ禁止継続中

特に読んでいただきたい記事
  1. 命は大切ですかと問えば

大きな声の人に

タイトル: 大きな声の人に
内容:
大きな声の人に

日本人に特有のことなのか、そうでもないのかは知らないけれど、会議などで、大きな声の人の意見が通ることが多いなぁとつくづく思います、理にかなっているかどうかよりも、声の大小で決議が決まってしまうというような。

野外授業中死亡の中学生、卒業アルバムに載せず
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130130-OYT1T00322.htm

それぞれ、載せる理由と載せない理由があると思います。
彼女は1年のときに亡くなってしまったわけで、卒業していないのだから、卒業アルバムに載せるには矛盾があるという考え方。それと、せっかくの卒業アルバムである、自分の子供が亡くなってしまったわけではなく、なら、記念の卒業アルバムに辛気臭いことは載せたくないという、身も蓋もない考え方。
いやいや、彼女が亡くなったのは授業中のことである、みんなの心には今も彼女が生きているはずだ、杓子定規に考えず、彼女も卒業アルバムに入れるべきで、そういった先例もあるではないかという考え方。

会議の内容は存じませんが、多分、声の大きな人が「生々しい現場写真を載せると、生徒にショックを与えるという保護者の意見があり(記事より引用)」、で、会議が流れて行ったのではなどと思います。反対意見を持つ人も居られたとは思いますが、発言されなかったのでしょうね。
これが我が息子のことならば、我が娘のことならば、必死になって意見を発するでしょうに。

記事に事故そのものが無かったかのように、その記事には触れないよう、とありましたが、このところの桜宮高校の体罰と申しますか、暴行の事件について、毎日のように報道のある中、ことなかれ主義とでも申しましょうか、底辺で共通するものがあるような気がします。




Powered by Nucleus CMS
(http://www.nucleuscms.org/)

広告を非表示にする