読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普段着の文章

ただいま、コンビニ禁止継続中

特に読んでいただきたい記事
  1. 命は大切ですかと問えば

みんなで楽しもう! セロ弾きのゴーシュ 京都リップル

タイトル: みんなで楽しもう! セロ弾きのゴーシュ 京都リップル
内容:
「みんなで楽しもう! セロ弾きのゴーシュ」 京都リップル

2013年2月3日、京都市男女共同参画センター ウィングス京都イベントホールにて、京都リップルの影絵人形劇と朗読、チェロ・ピアノ演奏へ行ってきました。

ちらしにこうあります。
「見えない方も聞こえない人も大人も子どももみんなで楽しい時間を共有しましょう。
素晴らしい宮澤賢治の世界を感じてください」

障害を持つ人たちにも楽しんでもらえるよう、朗読は字幕つき、影絵人形劇は状況を説明する副音声付です。
私はこういう催しは初めてでしたが、白杖をもった人たちや介助犬も居りまして、観客席の雰囲気もそれを当然のこととして、受け入れているというやわらかさがあったように思います。
私自身、喉が弱く、たくさんの人たちの中にいますと、喘息のように咳き込むことが多いのですが、幸い無事だったのも、会場のやわらかな雰囲気に助けられたからなのかもしれません。

一応、宮澤賢治ファンの一人として、「セロ弾きゴーシュ」は読んでおりましたが、このように、独特な影絵の演技と表情豊かな朗読、チェロとピアノの生演奏という、贅沢な表現世界の中で、すっかり遊ばせていただいた、そんな気がします。

最後、宮澤賢治作曲 星めぐりの歌が演奏されまして、私がこの曲を聴くと自動的に涙ぐんでしまいそうになるのですが、舞台が終わった後も、座席でぼぉっと余韻に浸らせていただいておりました。

楽しい催しでした。

京都リップル http://kyoto-ripple.sakura.ne.jp/

f:id:monobetoshiyuki:20130203151400j:plain

Powered by Nucleus CMS
(http://www.nucleuscms.org/)