読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普段着の文章

ただいま、コンビニ禁止継続中

特に読んでいただきたい記事
  1. 命は大切ですかと問えば

社寺の発信力 請け負う民間 他のページで書いたことをそのまま載せてみる

社寺の発信力 請け負う民間

深層わがまち 社寺の発信力 請け負う民間 京都新聞 2013.03.01
記事を読みますと、有名社寺で、たまに見かける、お寺の歴史など解説されている方たち、高台寺での解説されている方たちは、コンサルタント会社「アイコム」のスタッフであるとか。

以前、高台寺へ行ったことがありますが、ああ、そうだったのかと、少し驚きました。

コンサルタント会社ではその他、特別拝観やイベントにも関わっていらっしゃるようで、また、ホームページの作成などもされている会社もあるとか。

ただ、社寺は信仰の場であるのですから、社寺の檀家や信徒が中心になってやるのが、本来ではないのかなとも思います。
素人の集まりが手探りで関わっていく方が、きっと社寺にとっても、檀家との関係性においても、良いのではと思います。
少なくとも、ホームページにつきましては、少し勉強すれば、見栄えの良いページを作ることの出来る環境にもなってきましたし。

喜春禅庵 http://muinokai.or.jp/
無位の会という座禅の会を開催されておられます。こういう発信力、とても興味深いと思います。

家から歩いて5分くらいのお寺で、地元では「きしあん」と呼ばれています。住職さんとは私も何度となくお話させていただいたことがありますが、とても魅力的で面白い、興味深いという意味で、人です。