普段着の文章

ただいま、コンビニ禁止継続中

特に読んでいただきたい記事
  1. 命は大切ですかと問えば

F1種子とか

F1種子とか

「F1種子」で検索しますと、いろいろと出てきますが、F1種子の是非について、私は要領の良い意見は持ちません。
ただ、人の為して良い範囲というものがあって、どうも、その範囲を超えているような気色悪さが鼻につきます。

一昨年辺りから、花を植えたり、野菜の苗を植えたりするのが嬉しくなった新米園芸家もどきといたしましては、うーん、という感じです。

10年以上前にいただいた朝顔の種、わざわざ蒔くこともなく、毎年、花を咲かせます。一抱えもある大きな鉢に植えているのですが、季節が終わったら、ばしゃばしゃと枯れた蔓や葉を鋏で切り、そのまま、鉢の上に載せておきます、私はその土から生まれものは、その土に返すという考えなので。
青色の小振りの朝顔、赤や白の色もなく、斑点がはるわけでもなく、朝顔の華やかさをすべて取り除いたような朝顔ですから、あまり人の手が関わっていないのかもしれません。
私はこういう朝顔が大好きなのです。
もともと、朝顔は雑草と認識されていたようですね。昔読んだ「土と雑草」ジョセフA.コカヌアに書いてあったと思います。そういう意味ではうちの朝顔はまさしく、雑草と認識されていた時代の朝顔なのかもしれません。

さて、こんな話をくたくたと書きましたのは、今日、友人から送られてきた大豆。
F1も遺伝子組み換えも関係ない大豆をいただきまして、これは面白いと、いくつか植えてみた次第です。このところ、若杉友子の本を続けて読んだ影響か、味噌作りをしてみたいと思っています。
育てた大豆で味噌を作って、味噌汁をいただく。ちょっと、楽しみです。

メモ
粒々屋 五彩 http://gosai.blog.eonet.jp/tubutubu/ 大阪なら、行くことが出来るかもしれない
きらり上林へようこそ http://www.kirarikanbayashi.com/

広告を非表示にする