普段着の文章

ただいま、コンビニ禁止継続中

特に読んでいただきたい記事
  1. 命は大切ですかと問えば

あの日を忘れない  平和への祈りをこめて 京都放送劇団公演

終了いたしました、たくさんの御来場ありがとうございました。

あの日を忘れない  平和への祈りをこめて
京都放送劇団 公演
「あの日を忘れない」
日時 2013年8月31日 午後2時開演
場所 ウィングス京都イベントホール
入場 無料
詳しくは京都放送劇団のサイトをご覧ください。

http://www.kyo-hg.org/

第二部 「つむぎうた」を書かせていただきました。
太平洋戦争時、私の親が子供でした。ですから、私自身は戦争をこの身で体験していません。また、私は争いごとは苦手ですので、あまり、戦争映画を観たことがありせん。
良く言えば穏やか、有り体に言えばただの臆病者です。

ただ、私は臆病ながら、このそこそこの平和が続きますようにと願っています。新聞等、国際欄を読みますと、明日、果たして自分は生きていられるのだろうか、そんな国、そんな政治体制の国もあるようで、私は地球上からそういう争いがなくなることを切に願いますし、なにより、そういう状況下には陥りたくないと思っています。

人は弱いもので、そういう状況下に陥ってしまうと、それに添って生きていくようになります。私は、私自身や私の身の回りの者がそうなることは絶対にも避けたい。
そのためには、人は状況に流されやすく、その中で、反骨精神を持って戦うよりも、まずは、そのような状況にならないよう、なんとしてでも止めなければならない、私たちは誰しもが、桐生悠々になれるわけでもなければ、正木ひろしになれるわけでもないのですから。
「つむぎうた」はそんな思いを主軸に書かせていただきました。
f:id:monobetoshiyuki:20130730225351j:plain