普段着の文章

ただいま、コンビニ禁止継続中

特に読んでいただきたい記事
  1. 命は大切ですかと問えば

テキストエディターがないっ!

テキストエディターがないっ!
virtualboxをパソコンにインストールしまして、ゲストOSとして、Debianlinuxをインストールしました。
debianlinuxはDVD版だと4ギガを超えてしまいますので、うちのネット環境では一週間くらいかかってしまう。
それで、CD版の一枚目だけでインストールしたのですが、途中、ネットにアクセスしないよう、sources.listはCD一枚目だけを対象と致しまして、作業。
なんとか、まったくの素人ながら、完了したのですが、ふむ、最初はロケールを日本にしてインストールしたのですけど、画面が文字化け、読めない。UTF8とか、文字コードの問題だなと思い、ネットで検索してみますと、ここだけ設定しなおせばいいんだよとやり方が書いてあったのですが、そのようにやったつもりでも、文字化けは変わらず。

それではと、英語のままでインストールして、立ち上がってから、日本語を使えるようにしようと思案。
このようにして、いま、virtualbox上でdebianlinuxが走っているのですが、はて、CD1枚ですから、ほとんどソフトが入っていない。追加しなきゃと、/etc/apt にあるsources.listにftpのアドレスを追加しようとしたところ、テキストエディターがない。
マウスでメニューをクリックしますけど、テキストエディターがない。
お詳しい方にお尋ねすれば、なに言っているの、これがテキストエディターだよ、なんてすぐにご指摘されるのでしょうが、素人には厳しい。
調べてみますと、ターミナル内で作動するテキストエディターがありましたのて、これを利用して書き換えました。

早速にemacshowmをインストール。
私の利用しているwindowsでも、これが自分のメモ環境なので、この二つがあれば、なんだか、安心。そんな気がする。

その後、日本語フォントを追加して、ネットで日本語のページも見ることができるようになりました。日本語変換は明日にでも入れるよう努力するつもり。

日本語プログラミング言語 Mind
http://www.scripts-lab.co.jp/mind/whatsmind.html

これを使いたくて用意したのだから、日本語が使えないとどうしようもないので。

学生時代、forthを使っていたのでmindは、少し、なじみがあります。

以上、メモ書き。

追記
dpkg-reconfigure locales を実行した。reboot、でログイン、メニューが消えた、どうなったのかな。