普段着の文章

ただいま、コンビニ禁止継続中

特に読んでいただきたい記事
  1. 命は大切ですかと問えば

トモエソウのこと

トモエソウのこと
大きめのプランターにトモエソウを植えていました。多年草なので、年が経つほどに大きく成長し、昨年は私の背の高さほどになり、卍の形をした花を咲かせていたのですけど、今年は芽を出しませんでした。

f:id:monobetoshiyuki:20150416182020j:plain

先日、掘り返してみると、根の大半が虫に食わ

れていた。もちろん、それは大きな芽を出さない要因ではあるのですが、毎年、プランターの土の入れ替えと、株分けをしておけば、避けることができたと思っています。
花を育てるのも、なかなかに難しい。
「根が横に走る」、これは、根が真横に伸びて行き、少し離れたところで、新たに芽を出すこといいますが、トモエソウも根が横に走ります。ですから、プランターでなければ、この大きな株が枯れても、近くに新しい株を作ることが出来たのかもしれません。

さて、株を水洗いし、プランターをやめて、地に直接植えました。
写真がそうですが、幸いなことに小さな芽が二つ育ち始めました。

4年前、最初にいただいたトモエソウの株ですので、大事に残したい。
ま。もっとも、この株の種から育ったトモエソウや、差し芽をした分が、あちらこちらにしっかり育っているのですけれど。

ついでに。
特に力を入れて育てているのが桔梗です。
花の可憐さもありますが、どうやら、桔梗の根は横に走らない。ですから、増やすのに手間がかかることと、虫が根を食べることが多く、折角、大きく育ち始めたのに枯れてしまうことがしばしばです。
それだけに、気を使って育てています。

広告を非表示にする