読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普段着の文章

ただいま、コンビニ禁止継続中

特に読んでいただきたい記事
  1. 命は大切ですかと問えば

互いに依存しあうと

タイトル: 互いに依存しあうと
内容:
互いによっかかり合うと、存外、立っていられるのだけれど、斜になって立っているので、体の節々が痛くなってくる。角度を出来るだけ直角に持っていくことで、よっかかり合うところを減らしていかねばならないのだなぁと下記の記事を読んで思う。

ウナギが減ったのは誰の責任か?
http://blogos.com/article/61212/

詳しくは上記記事を直接お読みくださいということなのだけれど、要約するの、あれなので。

つまりは、誰もが他人事ではなく、誰かが何とかしてくれるだろうという期待のもと、強い決断力とぐいぐいと引っ張ってくれる勇者の発現を望むのではなく、まずは自身がどうすればいいのだろうというところから始めていかなければならない、とか思う。

上記記事をお読みになったという前提にて。

私は年に一度か二度、うなぎを食べるかなと思う。スーパーなんかで買ってきた奴だ。何処何処の料亭とか、うなぎ屋さんの暖簾をくぐったことはない、基本、外食の少ない人だし。
だからというわけではないけれど、私自身はこれからの人生、うなぎを食えなくても然程困らない。もちろん、うなぎ以外に食べるものがなくなれば、そうはいえないだろうけれど、それはなかろうし。

誰もがうなぎは一年に1回以下しか食べない、つまり食べないという選択もありで、数年頑張れば、うなぎも増えて、また、大きなうなぎが食えるようになるのかなとか思ったりもする。もっとも、日本食という存在を随分と輸出してしまい、日本の国に住む人だけがうなぎを食うわけではないけれど。

まっ、とにかく、まずは自分からという姿勢を誰もが持つことからしか、変わらないと思うし・・・

天の川堰守物語 朗読劇 http://www.kyo-hg.org/
上記アドレスからお聴きいただけます。



Powered by Nucleus CMS
(http://www.nucleuscms.org/)

広告を非表示にする