読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普段着の文章

ただいま、コンビニ禁止継続中

特に読んでいただきたい記事
  1. 命は大切ですかと問えば

京都新聞 フジバカマの薄紫色鮮やか 右京・水尾住民が栽培 を読む。

フジバカマの薄紫色鮮やか 右京・水尾住民が栽培

うちも原種の藤袴が咲いているのだけれど、先日の台風で随分、倒されてしまった。
仕方ないので、倒れたのを切り、ついでによもぎも育てていたのだけれど、それも切って、陰干しにする。
よもぎは最初から香りがしていたけれど、藤袴は乾燥してから、ぶわっと香りが現れる。
私の山野草の先生は、藤袴を煮詰めて、お風呂の入浴剤にされるとのこと。
ハーブティーも良いかもしれないし、藤袴の石鹸とかも面白いなと思う。
藤袴のハーブティーは、いま乾燥した藤袴があるので、後で作ってみようと思う。平安時代を夢見ることができるかもしれない。